Full moon

Full moon

2010年9月21日火曜日

Full moon_Pisces_Jupiter

  「中秋の名月」とは、旧暦8月15日(明日9月22日)の月を言う。
15夜おっ月さんのなかでも、こ中秋の名月が一番キレイだとか。
因みに、Full moonは翌日の秋分の日の夜です。
Full moonの前の日が綺麗なんですね。
完全に熟す前の乙女のような綺麗さでしょうか。また、仲秋という意味は、
秋の全体は旧暦の7月8月9月で、その真ん中辺りを「仲秋」といいます。
したがって旧暦の8月頃(新暦9月頃)を仲秋といい、仲秋の中の15夜の日、
旧暦8月15日を「中秋」と言うそうですね。
 月と一緒に飲んだり食べるという意味は、
食べ物と一緒に月(ツキ)のパワーや波動があなたの中に入るのです。
ゆっくりとお月様を見て深呼吸してください。
そしてお団子やバナナを食べてこれからの未来の自分をイメージしてくださいね。
バナナは一皮むきながら未来のあなたをイメージングしながら食べてください。
ワインやお酒を飲みながらの月見もいいですね。
池に写ったFull moonを見て願いを叶える方法です。
この日の月のパワーは、強力なので水に写った月に願いを言ってください!
 池や湖に行けない人は、たらいに写った月にでも願いを言ってください!
(洗面器に写るかどうかわかりませんが・・・・)
月と水のパワーが最高にリンクする時ですので、
湖や海に写った月にお願いを言ってください!
本当に月と水とは、仲がいいのです。
まず、22日の月は午後4時50分頃にうPiscesと一緒に"水平線"を昇ってきます
(山とかあれば月の出の時間はズレます)。
そして23日の早朝5時10分頃に西の水平線へ沈んでゆきます。
また、当日は月の左下に明るいJupiterが輝いています。
で、22日の月齢は14。Full moonと思いきやFull moonじゃないんですね。
ではまとめて説明。中秋の名月とは「昔は」ほぼFull moonだったのですが、
今ではFull moon"ではない"ことの方が多いです。
その理由は簡単に言うと(っていうか詳しく説明できませんで、
中秋の名月とは月の運行で暦を作った太陰暦(旧暦)の行事で、
その暦によると月の無い新月が1日でFull moonは15日…
とされていたのですが(十五夜お月様とはこの名残)、
現在は太陽暦(地球が太陽を1周する時間を1年とする)が使われているので、
最近は半分以上はFull moonの日と中秋の名月(と15日)は重ならなくなっています
(これ以上は聞かないでくださいっ)。
でも中秋の名月とは月(満月)が一年でも特にきれいに見れる日…
として決められたようですので、Full moonではなくても22日には
その辺を思い出しながら月を見上げてみてください。
尚、翌23日はFull moonとなります

2010年9月20日月曜日

Differences between Japan and Chinese Herbal Kampo

前に、日本のある漢方医と話をして驚いたことがある。
「陰虚」という言葉に対する 解釈が、中国とまったく違うのだ。
 Chinese Herbal でいう、「陰虚」は、陰の虚(不足)、
つまり体の陰分(体液や血液など )が不足することによって、
相対的に陽(機能)が亢進した状態をさす。 症状としては、
手足のほてり感やのぼせ感、口渇などの虚熱症状が見られる。
 これに対して、Japanese Herbal の古法派でいう「陰虚」は陰証+虚証、
つまり冷えの症状があり、かつ、体質が虚弱な状態を指しているとのこと。
 そのため治療法も正反対になる。中国漢方では陰虚証に対して、
六味地黄丸のような体液を増やし虚熱を取る補陰薬を用いる。
ところが古法派のやり方だと、八味地黄丸や真武湯など、
体を温める作用のある補陽薬を用いることになる。  
なぜこのような違いが生じたのか?いろいろ調べてみると、
陰証=寒証、虚証=虚弱体質というのが古法派の人の解釈のようである。
しかし中医学で言う陰証は、虚証や寒証をも含む幅広い概念であり、陰証で、
かつ虚証というように並記するのは分かりにくい。"陰"が即"寒"とも限らない。
さらに虚証を体表面だけでとらえるのは狭すぎるように思う。
 日本の漢方の専門書を見ると、処方の運用に力点が置かれて、
陰陽五行などの基礎理論についての記載が足りない印象を受ける。
漢方の将来の発展を考えるなら、用語解釈の溝を埋めるとともに、
基礎理論に関する研究や、日中の交流をもっと深めていくべきだろう。
 Chinese Herbal とは!本場中国で、何千年の歴史をかけ考えられ、
発展し培われてきた医学体系(考え方)です。
一般には、「中医学」とか「中医」と略すことが多い。
Japanese Herbal とは!もともと中国で考えられたものが、
日本の鎖国以前に日本に伝えられる。その鎖国以後は中国との交流が
なくなった為、日本独自の考え方で発展を遂げたもの。

2010年9月19日日曜日

Comet?_Mysterious flying object_Comet Hartley 2

Comet? Fireball? 
中国浙江省杭州市の上空を水曜(7日)午後9時ごろMysterious flying object
が通過し、空港が一時閉鎖となる騒ぎがありました。
問題の物体は不気味な白い光とともに現れ、大勢の市民が見守る中、
煌々と燃えるように尾を引きながら飛んでいったのだとか。
バス運転手のYuさんは「急に西の方角に超速で飛んでったよ、
まるで何かに追われているように」とデイリーメールに話してます。
これを受け、地元の杭州蕭山国際空港では到着便多数を最寄りの空港に
迂回させる措置を講じ、出発便にも3~4時間の遅れ。
宇宙人と断定はできないけど、Mysterious flying object は依然不明のまま、
市民からは「飛行機に太陽の光が反射した」、「軍事演習」、
「米国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)のデブリ」など諸説出てます。
中国政府の正式発表はまだですが、「政府は正体掴んでるんだけど
軍絡みなので公表を控えている」という匿名情報筋の話も。
ハートレー第2彗星、観測のチャンス
 1986年に発見されたComet Hartley 2 が間もなく地球に接近し、
数十年に一度となる観測の絶好のチャンスが訪れる。
地球への接近の数週間後には、NASAの探査機がFlyby(接近通過)する予定だ。
 Comet Hartley 2(103P/Hartley 2)はオーストラリアの天文学者マルコム・ハートレー氏
によって発見され、約6年半の周期で太陽を周回することも同氏の計算で
明らかになっていた。しかしこれまでは、木星の重力の影響で軌道がずれ続け、
周回ごとに軌道が太陽に近づき、それに伴って地球からは遠ざかっていた。
 ところが今年は、10月20日にわずか1770万キロの距離まで地球に最接近する
と予測されている。10月中旬の月のない暗い夜が絶好の観測条件となるという。

2010年9月18日土曜日

Henpecked husband_New coach_Interpretation_The new force

 2日に行われたザッケローニ監督と日本代表選手の初顔合わせでは、
契約交渉に携わった関係者がInterpretationしたが、多くの選手が
「何を言っているか、よく分からなかった」と話すほど不評。
そこでザック監督が指揮したトリノで、大黒将志(30)=F東京=
Interpretationを務めた顔見知りの日本人が決定的となった。
新指揮官をはじめ5人がイタリア人スタッフのため、3人ほどを採用し、
うち1人が監督専属となる見込みだ。
 日本代表ザッケローニ監督が“Henpecked husband”であることが判明した。
17日に再来日した後、都内の清掃、洗濯サービス付きのマンションに住む予定。
「監督本人はそこでいいと思っているようだが、
奥さんに写真を見せて許可を得なければならないらしい。単身赴任なのに」と日本協会の小倉会長は苦笑いしながら話した。
 就労ビザ取得のためイタリアに一時帰国していたサッカー日本代表の
アルベルト・ザッケローニ監督が17日、ステファノ・アグレスティ・コーチら
イタリア人のコーチ陣を伴って再来日した。
 前回の日本滞在は10日余り。今回は日本での住居も決まり、
本格的に始動する。「たくさん荷物も持ってきた。
ようやくあしたから仕事ができる」と意気込んだ。
 18日にJリーグ1部(J1)の名古屋―横浜M戦、G大阪―C大阪戦、
19日は新潟―京都戦を視察する。「Jリーグの試合はすべて見るつもり。
代表に入る可能性のある選手を厳しく見ていく。すべての選手に可能性がある」とThe new force の発掘に意欲を見せた。
 初采配(さいはい)は10月8日のアルゼンチン戦。
「目的は日本の力を試すことと、新しいチームを作ること」と抱負を語った。
 21日には、関塚隆コーチら日本人スタッフも交えてミーティングを行う。
「日本代表監督として日本人の特徴を尊重する。
そこに自分の経験をプラスできれば」と語った。 

2010年9月17日金曜日

Virgo_Persephone_Goddess Demeter

大地の恵を司る農耕のGoddess Demeter には、
美しい一人娘Persephoneがいました。
ある日、Persephoneに想いを寄せていた冥土の王プルトーは、
花摘みに夢中になっていた彼女を地底に連れ去ってしまいました。
それを知ったGoddess Demeter は洞穴に閉じこもってしまい、
この為、地上は草花1つ育たなくなってしまいました。
大神ゼウスは、Persephoneが冥土の食べ物を口にしなければ、
地上に戻ることができるように計り、無事、Persephoneは地上に戻ります。
Persephoneが戻ると、大地は再び活気を取り戻し、地上は緑に覆われました。
しかし、Persephoneは冥土のざくろの実を4粒食べてしまっていたのです。
それを知ったゼウスは、1年のうち4か月はプルトーの元で暮らすよう取り決めます。
以来、Persephoneが冥土に行く期間になると、その期間が冬になり、
世界に四季が始まったとされています。「Virgo」の姿はPersephoneの姿とも、
Goddess Demeter の姿とする説もあります。
 星の名前は、固有名の付いている方が、無限に圧倒的に少ないのです。
固有名は、また「別称」で、星座を構成する主要な星は、
α星、β星……という風に呼ぶのが正式です。
アルファ・ケンタウリは、これで正式な星の名前です。
  普通、星座の名前はラテン語になっています。ケンタウルス座(Centaurus)は、
これはラテン語の名詞なのです。Alpha Centauri というのは、後の Centauri は、
Centaurus の単数属格形で、つまり、英語でいう所有格です。
アルパ・ケンタウリ(アルファ・センタウリ)は、「ケンタウルス座のアルファ星」の意味です。
  北十字星は、白鳥座の五つの星からそう呼ばれていますが、
白鳥座は、ラテン語で、キュグヌス(Cygnus)と言います。
アルファ星は、デネブ Deneb ですから、デネブは、
アルパ・キュグニ(Alpha Cygni)と言います。
Cygni も Cygnus の単数属格形です。普通、シグヌスと英語的に読みます。
琴座は、Lyra(リュラ)ですが、アルファ星ヴェーガ(Vega)は、
Alpha Lyrae(アルパ・リュライ)と言います。英語読みだと、
アルファ・リュレーまたはアルファ・ライレーですが。Lyrae は、
Lyra の単数属格形です。(cygnet という英語の単語は、「雛白鳥」で
、cygnus は、この形で英語に入っています。親白鳥は swan で、
雛白鳥は cygnet とは変ですが)。
  アルファ・センタウリは、二重連星で、主星が非常に明るく(Aと呼びます)、
伴星は主星より少し暗い星です(Bと呼びます)。しかし、複雑な話ですが、これは、
三重連星でもあるのです。天体力学的に有効な意味で、三重連星になっているのです。
しかし、第三の星はかなり離れていて、別の星の名前が付いています。
これが、プロクシマ・センタウリで、プロクシマとは、ラテン語で「もっとも近い、
非常に近い」を意味する形容詞 proximus, a, um の女性単数形が proxima で
、これを名詞にしています。(形容詞は、簡単に名詞にラテン語では変わります)。
何故、女性なのかというと、多分、Stella Proxima ステールラ・プロクシマ(もっとも近い星)の
「ステールラ」を省略した形なのでしょう。
  プロクシマ・センタウリとアルファ・センタウリは長い時の後では、
アルファ・センタウリがもっとも近い星の位置に来るはずです。
しかし、それは何万年何十万年とかいうような時間の後です。
非常に離れているので、相互回転運動の周期が非常に長いのです。
 星に固有名が付いている場合、アラビア語起源が多いですが、
「ア-」で始まるのは大体アラビア語起源です。定冠詞 al- が付いているのです。
(アルデバランとか、アンタレスです)。

2010年9月16日木曜日

Bootes_Arcturus_Cassiopeia

風鈴の音さえも届かない、エアコンの利いた閉められた空間で虫の音が
少し騒がしくなったのにも気付かず、空が少し高くなったのも気付かないとしたら、
季節のほんの少しの変化にも気付かないとしたら。
何で心を満たすことができるのだろう。星を好きになって、季節に敏感になった。
どんなにおかしな天気が続いていようとも確実に空の季節は変わっていく。
天頂に輝くうしかい座BootesのアルクトゥルスArcturusを眺めて、
麦狩りを始めた昔の人のように、西に傾いたアルクトゥルスArcturusを眺めて、
秋を感じることができる。
カシオペアCassiopeiaも見やすい位置になり、秋の壮大な物語の
主人公たちが勢ぞろいする。
そう考えていたら、先日出かけた山での、双眼鏡の視野に見た
アンドロメダ星雲が心の中でぐるぐる回って、今にも飛び出してきそうになった。
米航空宇宙局(NASA)は6日、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が
とらえた惑星状星雲「砂時計星雲(Hourglass Nebula)」の画像を公開した。
1995年にハッブル宇宙望遠鏡は多数の惑星状星雲Planetary nebula を撮影した。
窒素の赤色、水素の緑色、酸素の青色に彩られた輝くガスの輪が、
「砂時計」の外周を希薄に縁取っている。
ハッブル宇宙望遠鏡のかつてなく鮮明な画像撮影により、
星雲形成の驚きの詳細が明らかになった。
惑星状星雲Planetary nebula の多様な形状や形の対称性が発生する謎も、
いずれ解明されるかもしれない。
太陽みたいな恒星は、その一生の最後に赤色巨星になり、
その外層部が、宇宙空間に放出されます。
その”のこりカス”が白色矮星で、放出されたガスが、
矮星からの紫外線放射によって輝いているのが、
惑星状星雲として観測されるわけです。

2010年9月15日水曜日

Solar System _Alpha Centauri A_Galaxy

光速(秒速299,792,458メートル(約300000キロ))で飛ぶ宇宙船に乗り、
元旦の零時に太陽を出発。
まず、水星を通過、そして金星。太陽から地球までの距離1億5000万キロを
8分19秒で到達、そして、火星、そして、木星、土星、天王星、海王星を通過。
太陽を出発し5時間31分後に
冥王星とその月へ到達。
旅は56億3150キロ離れた我々Solar System の端っこへといざなう。
まだ、元旦。Solar System を抜け、9つの惑星と太陽はあっという間に背後へ。
彼方に光る星々はあまりに遥か彼方で全く動かず、宇宙の空虚さを物語る。
1年経過、2年経過、3年経過、4年経過、そして、5年目の4月19日、
我々Solar System に最も近い星、Alpha Centauri Aを通過。
現在までに40兆2250億キロを飛んだが、
旅は始まった瞬間である。
太陽から10光年(1光年=約10兆キロメートル)。これだけを旅し、遥か彼方の星は
ようやく収束を始める。
100光年、我々Galaxyの螺旋の腕を構成するガスが見え始める。
1000光年。腕、ディスクが見えてくる。
10万光年。ようやくGalaxyの螺旋全体がはっきりとしてくる。
ここでは全ての光の点は星ではなく個々のGalaxyであり、それぞれのGalaxy
何千億兆、何兆兆の星がある(10の10乗、1000乗の違いはあるかもしれない。
数学的には恐ろしく莫大な違いだが、これでけ天文学的な数では哲学的に
何の違いもないだろう)。
500万年後、我々Galaxyはローカルグループと呼ばれる
30ほどのGalaxyの塊の一部に見える。5000万年光年、
2000以上のGalaxyからなる塊が見える。さらに、さらに、さらに旅は続く。
10億年経過。
50億年経過。
100億年以上経過。宇宙の形が見えてくる。
銀河である光の粒がはかなく美しく漂う。