Full moon

Full moon

2010年8月31日火曜日

御神体の夢

御神体の夢を観ました、初めてです。
子供のころからよく夢は見るのですが、大抵その日に観たり聞いたり思った事が多いです。
だいたい同じ様な夢ばかりで朝起きた時にはあまり覚えていないのですが・・
先日見た夢は初めて見るバージョンで新鮮で今でも覚えています。
いつも床の間のある座敷で娘と親子3人で川の字で寝ているんだが
(最近までは息子と4人で寝ていたが大きくなって邪魔なので促したら一人で寝る様になった)
御神体は3人が寝ている所に現れました、起きて明かりを点けると目の前に白くて40cm位でもやもやとした物体が2つ畳から少し浮いていました。形は勾玉?バナナ?で中心は真っ白ですが廻りりは雲みたくモヤマヤと。
二人を起こして3人でこれは何だ!と布団の上に座っていますが、嫁も娘もまだ寝ぼけているみたいです。 実は御神体の事は良く知りませんが何となく「御神体じゃねー」と言うと嫁が「えー」いやいや絶対そうだ!御神体だ!
よし床の間に飾ろうと二体を床の間にならべて腕を組んで見ています。
二人は頬杖えを付いて眠そうです、嫁は「もう良いやろー寝ろ」と言い寝てしまいまいました。 一人で床の間の御神体を眺めている内に試してみようと思い(あくまで夢の話しですよ)
治安の悪い所へ持って行き御神体が有る事を伝える事にしました。
映画好きの為か場所はヨハネスブルグの薄暗いスラム街の様な所です。(映画、第九地区のイメージ)
いかにも悪そうな小汚い連中が御神体を奪いに来ますが、みんな「ウワー」なんて言って消えていきます。 死ぬのでは無くて存在が消えるのです。(映画の観過ぎかな?)
これは本物だ!次は良い事を試してみようと思い・・夢は終わります。
難病の人達の病気を治して奇跡てきに終われば完結なんですが、中途半端です。
夢はそんな物なので気にしていませんが。 何でこんな夢を観たのか分かりません、と言うより分かろうとともしませんが。 夢ですから。
この夢は週末に観たもので、無理やりですが伏線が有ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿