Full moon

Full moon

2010年9月19日日曜日

Comet?_Mysterious flying object_Comet Hartley 2

Comet? Fireball? 
中国浙江省杭州市の上空を水曜(7日)午後9時ごろMysterious flying object
が通過し、空港が一時閉鎖となる騒ぎがありました。
問題の物体は不気味な白い光とともに現れ、大勢の市民が見守る中、
煌々と燃えるように尾を引きながら飛んでいったのだとか。
バス運転手のYuさんは「急に西の方角に超速で飛んでったよ、
まるで何かに追われているように」とデイリーメールに話してます。
これを受け、地元の杭州蕭山国際空港では到着便多数を最寄りの空港に
迂回させる措置を講じ、出発便にも3~4時間の遅れ。
宇宙人と断定はできないけど、Mysterious flying object は依然不明のまま、
市民からは「飛行機に太陽の光が反射した」、「軍事演習」、
「米国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)のデブリ」など諸説出てます。
中国政府の正式発表はまだですが、「政府は正体掴んでるんだけど
軍絡みなので公表を控えている」という匿名情報筋の話も。
ハートレー第2彗星、観測のチャンス
 1986年に発見されたComet Hartley 2 が間もなく地球に接近し、
数十年に一度となる観測の絶好のチャンスが訪れる。
地球への接近の数週間後には、NASAの探査機がFlyby(接近通過)する予定だ。
 Comet Hartley 2(103P/Hartley 2)はオーストラリアの天文学者マルコム・ハートレー氏
によって発見され、約6年半の周期で太陽を周回することも同氏の計算で
明らかになっていた。しかしこれまでは、木星の重力の影響で軌道がずれ続け、
周回ごとに軌道が太陽に近づき、それに伴って地球からは遠ざかっていた。
 ところが今年は、10月20日にわずか1770万キロの距離まで地球に最接近する
と予測されている。10月中旬の月のない暗い夜が絶好の観測条件となるという。

0 件のコメント:

コメントを投稿