Full moon

Full moon

2010年9月21日火曜日

Full moon_Pisces_Jupiter

  「中秋の名月」とは、旧暦8月15日(明日9月22日)の月を言う。
15夜おっ月さんのなかでも、こ中秋の名月が一番キレイだとか。
因みに、Full moonは翌日の秋分の日の夜です。
Full moonの前の日が綺麗なんですね。
完全に熟す前の乙女のような綺麗さでしょうか。また、仲秋という意味は、
秋の全体は旧暦の7月8月9月で、その真ん中辺りを「仲秋」といいます。
したがって旧暦の8月頃(新暦9月頃)を仲秋といい、仲秋の中の15夜の日、
旧暦8月15日を「中秋」と言うそうですね。
 月と一緒に飲んだり食べるという意味は、
食べ物と一緒に月(ツキ)のパワーや波動があなたの中に入るのです。
ゆっくりとお月様を見て深呼吸してください。
そしてお団子やバナナを食べてこれからの未来の自分をイメージしてくださいね。
バナナは一皮むきながら未来のあなたをイメージングしながら食べてください。
ワインやお酒を飲みながらの月見もいいですね。
池に写ったFull moonを見て願いを叶える方法です。
この日の月のパワーは、強力なので水に写った月に願いを言ってください!
 池や湖に行けない人は、たらいに写った月にでも願いを言ってください!
(洗面器に写るかどうかわかりませんが・・・・)
月と水のパワーが最高にリンクする時ですので、
湖や海に写った月にお願いを言ってください!
本当に月と水とは、仲がいいのです。
まず、22日の月は午後4時50分頃にうPiscesと一緒に"水平線"を昇ってきます
(山とかあれば月の出の時間はズレます)。
そして23日の早朝5時10分頃に西の水平線へ沈んでゆきます。
また、当日は月の左下に明るいJupiterが輝いています。
で、22日の月齢は14。Full moonと思いきやFull moonじゃないんですね。
ではまとめて説明。中秋の名月とは「昔は」ほぼFull moonだったのですが、
今ではFull moon"ではない"ことの方が多いです。
その理由は簡単に言うと(っていうか詳しく説明できませんで、
中秋の名月とは月の運行で暦を作った太陰暦(旧暦)の行事で、
その暦によると月の無い新月が1日でFull moonは15日…
とされていたのですが(十五夜お月様とはこの名残)、
現在は太陽暦(地球が太陽を1周する時間を1年とする)が使われているので、
最近は半分以上はFull moonの日と中秋の名月(と15日)は重ならなくなっています
(これ以上は聞かないでくださいっ)。
でも中秋の名月とは月(満月)が一年でも特にきれいに見れる日…
として決められたようですので、Full moonではなくても22日には
その辺を思い出しながら月を見上げてみてください。
尚、翌23日はFull moonとなります

0 件のコメント:

コメントを投稿