Full moon

Full moon

2010年9月18日土曜日

Henpecked husband_New coach_Interpretation_The new force

 2日に行われたザッケローニ監督と日本代表選手の初顔合わせでは、
契約交渉に携わった関係者がInterpretationしたが、多くの選手が
「何を言っているか、よく分からなかった」と話すほど不評。
そこでザック監督が指揮したトリノで、大黒将志(30)=F東京=
Interpretationを務めた顔見知りの日本人が決定的となった。
新指揮官をはじめ5人がイタリア人スタッフのため、3人ほどを採用し、
うち1人が監督専属となる見込みだ。
 日本代表ザッケローニ監督が“Henpecked husband”であることが判明した。
17日に再来日した後、都内の清掃、洗濯サービス付きのマンションに住む予定。
「監督本人はそこでいいと思っているようだが、
奥さんに写真を見せて許可を得なければならないらしい。単身赴任なのに」と日本協会の小倉会長は苦笑いしながら話した。
 就労ビザ取得のためイタリアに一時帰国していたサッカー日本代表の
アルベルト・ザッケローニ監督が17日、ステファノ・アグレスティ・コーチら
イタリア人のコーチ陣を伴って再来日した。
 前回の日本滞在は10日余り。今回は日本での住居も決まり、
本格的に始動する。「たくさん荷物も持ってきた。
ようやくあしたから仕事ができる」と意気込んだ。
 18日にJリーグ1部(J1)の名古屋―横浜M戦、G大阪―C大阪戦、
19日は新潟―京都戦を視察する。「Jリーグの試合はすべて見るつもり。
代表に入る可能性のある選手を厳しく見ていく。すべての選手に可能性がある」とThe new force の発掘に意欲を見せた。
 初采配(さいはい)は10月8日のアルゼンチン戦。
「目的は日本の力を試すことと、新しいチームを作ること」と抱負を語った。
 21日には、関塚隆コーチら日本人スタッフも交えてミーティングを行う。
「日本代表監督として日本人の特徴を尊重する。
そこに自分の経験をプラスできれば」と語った。 

0 件のコメント:

コメントを投稿